トップページ >  > 肝斑に効く美白化粧品選びのポイントはここ!

肝斑に効く美白化粧品選びのポイントはここ!

肝斑は頬の上に左右対称にできるシミです。ホルモンバランスの乱れやストレスが原因でできるといわれ、30代~40代の女性に多く見られる症状です。肝斑をケアするには次のような美白化粧品を選ぶのがポイントです。


■肝斑を薄くするハイドロキノン配合の化粧品
■ターンオーバーを促進しメラニン色素を排出するビタミンC配合の化粧品


原因は異なるにせよ、肝斑もメラニン色素が発生することによってできたシミです。ですから、メラニン色素を漂白しつつ、ターンオーバーを促進させて排出するという方法がケア方法としては王道です。ですから、ハイドロキノンとビタミンCの両方でケアする必要があります。2つの成分の相乗効果によって肝斑のない肌へと導くことが改善への近道です。


ハイドロキノン+ビタミンCの2つの美白成分が必要!

肝斑に効く美白化粧品おすすめはこちら!

肝斑におすすめNo.1は「ビーグレン」

▼「ハイドロキノン」を1.9%という高濃度で配合
メラニンを漂白するはたらきのあるハイドロキノンを1.9%という高濃度で配合しています。ハイドロキノンは5%以上で配合すると、副作用の心配が出てきます。ビーグレンでは副作用が起こらない適切な量のハイドロキノンを配合しています!


▼ビタミンCを7.5%という高濃度で配合
壊れやすいビタミンCを誘導体にすることなくピュアビタミンCのまま配合しています。医療レベルの浸透テクノロジーを採用することで、ビタミンCを壊れることなく浸透させることができます!

★肝斑のケアでビーグレンが選ばれる理由は?
ビーグレンは世界で初めて医療レベルの浸透技術を化粧品に採用したメーカーです。ハイドロキノンとビタミンCにこの浸透技術を採用することで、メラニン色素までしっかりと成分を届けることができます。特に、ビタミンCは壊れやすい成分ですが、この浸透技術のおかげで、誘導体にすることなく、ダイレクトに浸透させることができるようになりました♪

医療レベルの浸透技術でハイドロキノンとビタミンCをメラニンまで浸透させる!