トップページ >  > ハイドロキノンの副作用を防ぐには?

ハイドロキノンの副作用を防ぐには?

ハイドロキノンは刺激の強い美白成分なので、副作用を伴う場合があります。主な症状としては、赤み・かゆみ肌荒れなどです。ハイドロキノンの副作用を防ぐには、次の2つのことに注目して化粧品を選ぶことが大切です。


■ハイドロキノンの配合濃度が2%前後のもの
■ハイドロキノンをカプセルで包んでいること


ハイドロキノンの配合濃度が高ければ高いほど、肌に負担がかかってしまいます。美白効果と肌への刺激のバランスを考えると、2%前後の配合濃度が適切です。また、ハイドロキノンは熱や酸化に弱い性質があります。そのままの状態だと酸化して、さらに刺激の強いベンゾキノンに変化してしまう可能性もあります。ですから、カプセル化して酸化を防ぐ必要があります。


副作用を防ぐには、カプセル化されたハイドロキノンが2%前後の濃度で配合されている必要あり!

ハイドロキノンの副作用が気にならない化粧品はこちら!

おすすめNo.1はビーグレン!

▼ハイドロキノンを1.9%の濃度で配合
ハイドロキノンの美白効果と肌への負担のバランスを考えたときに、理想的な1.9%の濃度でハイドロキノンが配合されています。絶妙なバランスで配合されているので、肌への負担を軽減することができます!


▼ハイドロキノンを微粒子カプセル化
ハイドロキノンを医療レベルの技術を用いてを微粒子カプセル化しています。ハイドロキノンの酸化を防ぐだけでなく、浸透力を高めているので、少ない量でも高い美白効果が期待できます!

★ビーグレンが選ばれる理由は?
美グレンが独自に開発した浸透テクノロジーによって、ハイドロキノンを酸化させることなく浸透させることが可能となりました。この浸透テクノロジーによって浸透力が高まることで、成分をメラニンまで確実に届けることができます。ビーグレンではハイドロキノンを1.9%の濃度で配合していますが、4%で配合している化粧品とほとんど同じ美白効果を実現しています。少ない量で高い効果を得ることができるので、肌への負担が少なくて済みます♪

ハイドロキノンを世界特許の浸透技術でカプセル化した唯一の美白化粧品!