トップページ >  > 炎症によるシミに効く美白化粧品選びのポイントはここ!

炎症によるシミに効く美白化粧品選びのポイントはここ!

虫さされ・けが・あせもなどによって、炎症した部分がシミになることを炎症性色素沈着といいます。この炎症性色素沈着がなかなか消えないという方は美白化粧品でのケアが必要となってきます。どんな化粧品を選べば良いのかといいますと・・・。


■ターンオーバーを正常化するビタミンC配合の化粧品
■コラーゲン・ヒアルロン酸を真皮まで浸透させる化粧品


炎症性色素沈着が消えないということは、肌が生まれ変わるターンオーバーが正常に機能していないということ。これを正常化するためには、ビタミンCを肌に補給する必要があります。また、コラーゲンやヒアルロン酸を真皮に届けることで、肌の保水力が高まり、ターンオーバーを促進させることができます。新しい肌に生まれ変わることで、炎症性色素沈着はきれいに消えるはずです。


ビタミンC+コラーゲン+ヒアルロン酸の3つの成分が必要!

炎症によるシミに効く美白化粧品おすすめはこちら!

炎症によるシミにおすすめNo.1は「ビーグレン」

▼「ビタミンC」を高濃度で配合(全体の7.5%)
ターンオーバーを正常化するビタミンCを誘導体にすることなく、ピュアな状態で真皮まで浸透させることができます。これはビーグレンが世界特許の浸透テクノロジーを採用しているからです!


▼真皮まで届くコラーゲンとヒアルロン酸を配合
世界特許の浸透テクノロジーでナノカプセル化したコラーゲンとヒアルロン酸を高濃度で配合しています。これらの成分が真皮まで到達することで、保水力が圧倒的に高まり、ターンオーバーを促進させることができます!

★炎症性色素沈着のケアでビーグレンが選ばれる理由は?
ビーグレンの凄いところはビタミンCを誘導体にせずに浸透させることができるということ。ビタミンCは壊れやすい成分なので、誘導体で配合されることが多いです。しかし、ビーグレンはピュアなビタミンCを配合しているので、肌に浸透してすぐにビタミンCが効果を発揮してくれます。誘導体だと一旦肌に浸透してからビタミンCに変化するので、即効力がなく、効果も薄れてしまいます。

世界特許の浸透技術でビタミンC・コラーゲン・ヒアルロン酸を真皮まで浸透させる!